岩の力

        岩の力について-その5

 

人の体の組織作りに欠かせない岩の力

 

人体には必要な岩の力として 栄養学では、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウムを常量とし

鉄、亜鉛、マンガン、銅、セレン(セレニウム)、ヨウ素(ヨウド)、モリブデン、クロム、コバルトの16種類に加え、最近では

微量元素の分析法が進歩し、フッ素、カドミウム、鉛等の必須微量元素があると 考えられてきました。

 

骨は カルシウムやリン、マグネシウム等で構成されています。

その骨に最も多く含まれているのがカルシウム。

なんと体内の実に約97%ものカルシウムが この骨に終結しています。

また、体内のリン 約85%、マグネシウム 約60%も骨の中に存在しています。

これら岩の力成分が骨の強度や密度に多いに関係しているのです。

尚、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンと言う物質は 酵素と結合して全身の細胞に酸素を運ぶ

大切な働きをしていますが、このヘモグロビンの材料として不可欠なのが岩力の鉄分なのです。


岩の力の最初に戻る