ミネラル入門講座(第1回)

 

知っているようで知らない、カルシウムとマグネシウムの関係

カルシウムは 99%が骨や歯に存在していますが、残りの1%が とても重要な働きをしている事をご存知でしたでしょうか。!

通常 細胞の外側のカルシウムが細胞の内側に入り込む事で スイッチ オンとなり、これをもとに様々な情報のやり取り(神経伝達・

ホルモンの分泌・栄養素の運搬など)が 行われているのです。そして役目を終えたカルシウムは 再び細胞の外側へと出されます。

ところが細胞の内側に入ったカルシウムが細胞に入り込んだままになると、スイッチが いつまでたってもオフにならず、神経伝達や

ホルモン分泌と言った事が正しく行われなくなるのです。わかりやすい例では、筋肉のケイレンがその典型です。

筋肉の細胞内にカルシウムが入り込むと収縮し、出て行けば  弛緩するのですが、カルシウムが入ったままだと筋肉が収縮しっぱなしになる為に

ケイレンが起き易くなるのです。このケイレンが脳に起きれば 心の不安定を生み、血管で起きれば高血圧、心臓で起きれば突然死

すい臓で起きれば糖尿病と言うように、色々な問題が生じるもとになると言う事なのです。

実は このカルシウムのスイッチを調整しているのが マグネシウムなのです。(岩の力には 豊富に含まれています)。---第2回

 

岩の力の愛飲の感想

               

2年前の私は 夫を亡くした後で、看護などの忙しさのあまり 体がいうことをきかないくらい活力を失っていました。

そのような状況の中、いつも親しくしていただいている栄養士の方に「とても良いから」と勧められ 半信半疑で「岩の力」を飲み始めたところ、

まず3日目から変化が現れました。朝から快調なのです。まさに、「スッキリ」と言う感じ。

健康診断も 長らく良くなかったのですが、この前は とても良い結果だったのです。

岩の力の凄さと言うものを身をもって体験しています。考えてみれば「岩の力」を飲み始めてからは、朝の目覚めが楽になったり、

グズグズからも開放されたり、しかも体調など一度も崩しておりません。

私にとって 今の生活に無くてはならない一生の友、それが「岩の力」です。Y・K様

 

 

 



岩の力の最初に戻る