ミネラル溶液 注意事項

 

ご注意ください、濃縮ミネラル溶液には 数種類ありますが、野島医師がクリニックにて治療に使用しているのは一種類だけです。

薬事法の関係で 具体的な名前を表示できません。メールくだされば 案内します。

最近、以下のようなメールが来ました。

─────────────────────────────

「 深谷様、お世話になります。覚えてくださって有難うございます。母 は昨年9月末 胃癌の手術をして

胃の半分をとりました。リンパ節に転移している分は残ってしまいましたが、野島先生の指示どおり「濃縮ミネラル溶液」を飲ませました。

退院時500台だったマーカー値が12月には100台になっていて 、効果あるなあと思っていました。

しかし、他のサイトで同じようなミネラル水「神○○」が割引特価だったので、てっきり同じものと思い その水に

乗り換えてしまいました。(すみません)

3月のマーカー値を昨日の診察で聞いたら360ほどに上がっていたのでビックリしました。12月と3月の違いは

ミネラル水の違いだと思い、神○○に不信を抱き深谷様にご相談した次第です。最初にご相談しておくべきでした」と。

─────────────────────────────

濃縮ミネラル溶液は 似てるようで、成分、作っている工場が違います。安く売っているものは 安くしないと売れないから安くしていることを知るべきです。

─────────────────────────────

* 完治したので、 安心して 当濃縮ミネラル水を飲むのをピタリと止めると 半年後、1年後には 数値が上がったり、

  また再発してしまいます。ミネラル不足の体に戻ってしまうからです。少なくても良いですが

  健康維持量を毎日飲むことをお勧めします。
 

以上、管理人の深谷。2011年5月18日。


トップに戻る